クレジットカード種類

決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

トラマール・ジェネリック

トラマール・ジェネリック

  • メーカー:Bristol Laboratories
  • 発送国:シンガポール・インド
  • カテゴリ:痛み止め
  • 有効成分:トラマドール塩酸塩50mg

このお薬の人気ポイント

・非麻薬性のオピオイド鎮痛剤トラマール

・高い鎮静効果を持ちながら安全性も高い

商品詳細

トラマール・ジェネリックはBristol Laboratories社が製造、販売している鎮痛剤です。
内容量は50mg100錠で、世界100カ国以上で販売されています。
弱オピオイドに分類される非常に強い効果を持つ鎮痛剤で、現在では世界中で利用されている鎮痛剤の一つとなっています。

トラマールは特に強い痛みに対する効果が高く、癌による痛みや術後の痛み、慢性痛に使われます。
トラマールに類似した医薬品としてモルヒネがあります。
モルヒネはオピオイド系鎮痛剤で、その効果を1とした場合、弱オピオイド系鎮痛剤のトラマールの効果は0.1と、効果自体はモルヒネの1/10と弱くなります。
効果が弱い分、副作用の可能性も同様に低くなっており安全性に優れています。
適切な用法用量で使用する場合には、なにも問題ありません。
しかし、乱用してしまった場合や長期にわたる継続使用によって依存症になる可能性があるため、トラマール・ジェネリックを使う場合には注意が必要になります。

トラマールの有効成分はトラマドール塩酸塩です。
トラマドール塩酸塩はオピオイド受容体に作用するだけでなく、セロトニンやノルアドレナリン再取り込み阻害することによって、鎮痛効果を発揮します。

こちらの商品は、成分量も低用量で副作用や依存症の可能性も非常に低く作られています。
しかし、オピオイド系の鎮痛剤であるため服用には注意が必要です。
非オピオイド系の鎮痛剤で治療が十分な鎮痛効果を得られている場合は、そちらの使用をお勧めします。

トラマール・ジェネリック 50mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
50mg × 100錠 ¥35 ¥3,500 ¥30 ¥2,950 88pt 売り切れ
50mg × 200錠 ¥35 ¥7,000 ¥28 ¥5,600 168pt 売り切れ
50mg × 300錠 ¥35 ¥10,500 ¥28 ¥8,400 252pt 売り切れ

トラマール・ジェネリック50mg x 300錠

¥8,400

ポイント:252pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

イミグラン・ジェネリック(偏頭痛)

痛み止め

イミグラン・ジェネリック(偏頭痛)

1箱¥2,100

偏頭痛の痛みを緩和してくれる

ボベラン・ジェル(ボルタレン)

痛み止め

ボベラン・ジェル(ボルタレン)

1箱¥1,080

ピンポイントに使える外用薬

レクサプロ・ジェネリック

抗うつ剤/精神安定剤

レクサプロ・ジェネリック

1箱¥3,150

副作用の少ない人気の抗うつ剤


用法・用量

1日1~4回、コップ1杯の水または白湯で服用します。
1回の服用は1錠で、服用間隔は必ず5時間以上あける必要があります。

トラマール・ジェネリックを服用する際の1回の上限は100mgで、1日の上限は400mgとなっています。
また、初めてトラマール・ジェネリックを服用する際は、50mgから服用し症状に応じて適宜増減しましょう。

トラマールは服用後、30~60分程で効果が現れます。
さらに最高血中濃度は服用から2時間後で、半減期は6時間程度となっており、持続時間は4~9時間となっています。

トラマールの効果には個人差がありますので用量、用法についてはきちんと医師と相談し守りましょう。


注意点

セロトニン症候群を含む中枢神経系(痙攣や頭痛など)や心血管系などに副作用が発症する可能性がありますので、セレギリン塩酸塩を含む医薬品との併用は厳禁です。
また、モノアミン酸化酵素阻害剤を投与中の患者、もしくは最後の投与から14日以内の患者も同様に併用が禁止されています。

併用注意薬としては、オピオイド鎮痛剤やセロトニン作用薬などがあります。
そのほかに、アルコールと一緒に摂取していた場合、呼吸が抑制される可能性があるため注意が必要になります。

高齢者の方は、生理機能が低下している事が多く、副作用が出やすくなりますので慎重に服用して下さい。
妊婦の方への服用は安全が確立されていませんので、服用には注意が必要です。

トラマール・ジェネリックの服用によって意識喪失などの症状が出る場合もありますので、車の運転は控えて下さい。

他の医療機関で診察を受けた場合や市販薬を購入する場合は、トラマールを服用していることを報告しましょう。

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

トラマール・ジェネリックの副作用として重篤なものはアナフィラキシーショックや、呼吸抑制や痙攣、依存症や意識消失があります。
重篤な症状が現れた場合には、非常に危険であるため医療機関での受診を推奨します。

また、軽度な副作用としては発生障害や呼吸困難、動悸や不整脈などがあります。
基本的に軽度な症状の場合は、薬の効果と一緒に消失していきます。
トラマール・ジェネリックの服用を中止しても、軽度な副作用が長期間にわたって続くような場合にも、医療機関での受診を推奨します。


利用者の声

  • 飲んだとの吐き気がすごかったです。効果はあるのですがよほどではない限りボルタレンなど少し軽めのものにおさめておいたほうがいいかもです

  • あまり副作用がなく、しかも強い痛みを止めてくれるので、個人的には最強の薬だと思います。最近は激しい腰痛もよくあるので、この薬でしっかり乗り切れそうです。多分すぐ売り切れるような商品だと思いますので、早めに買っておくべし。

  • 70歳を過ぎてから階段を昇り降りするたびに膝に激痛が走っていました。特に冬になるとその痛みが酷く耐えれないほどでした。娘に相談をしたらトラマール・ジェネリックを注文してくれました。今では階段の昇り降りも辛くありません。冬でも平気です。トラマール・ジェネリックは手放せないです。

  • 年齢には勝てないということなのか、体の節々が痛むようになってきたときにトラマール・ジェネリックを購入しました。痛みを軽減する効果は非常に強く、かなり助かっています。依存性も特になさそうなので、墓に入るまでお世話になろうと思います。

  • 慢性的な腰痛に悩まされている私がいつも使用しているのがトラマール・ジェネリックです。この薬はほかの薬では効かなかった痛みも軽減さすことができています。

  • 数週間前にカンフー映画のマネをして膝関節を痛めてしまったのですが、トラマール・ジェネリックを一日4回飲み続ける事で、かなり痛みが緩和されてきました。もう無理なポーズはマネしません。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る