決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

プロバンサイン(多汗症)

プロバンサイン(多汗症)

  • メーカー:Aspen Pharmacare Pty Ltd
  • 発送国:シンガポール
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:プロパンテリン15mg

商品詳細

こちらのプロバンサインは多汗症、夜尿症、遺尿症治療の為の医薬品です。
有効成分プロパンテリンが副交感神経に働きかけ、汗を出す司令を抑えることで多汗症を改善します。
他にも夜尿症、遺尿症(意図しない状況で尿を漏らす症状)の予防効果もあります。
緊張、暑さなどで汗をかくと止まらなくなってしまう、発汗による匂いが気になってしまう、多汗に関してコンプレックスのある方へおすすめです。

制汗作用を持つパースピレックスロールオンも取り扱っております。 こちらは海外でも人気があり一箱2,700円でお買い求め頂けます。

プロバンサイン(多汗症) 15mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
15mg × 100錠 ¥60 ¥6,000 ¥57 ¥5,700 171pt 売り切れ
15mg × 200錠 ¥60 ¥12,000 ¥54 ¥10,800 324pt 売り切れ

プロバンサイン(多汗症)15mg x 200錠

¥10,800

ポイント:324pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

用法・用量

1日3回(1回1錠)、朝昼夜の食前に経口から服用。その際はコップ1杯のお水、又は白湯で飲むこと。


注意点

排尿障害、細菌性下痢症、緑内障、腸閉塞、重度の心臓病、麻痺性イレウスの方は服用しないこと。
甲状腺機能亢進症や潰瘍性大腸炎、心臓病、前立腺肥大の方は服用前に医師へ相談すること。
服用後、眠気や目がぼやけるなど症状が現れることがあります。その為、車の運転など危険な作業には十分注意して下さい。

高温・多湿・直射日光を避け、室内で保管すること。

※用法・用量、注意点、商品の詳細などに関しては一般的な薬剤情報を和訳したものです。ココロ薬局では服用・使用による一切の責任を負いかねます。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量を守って頂くようお願い致します。


副作用

口の渇き、目の渇き、頭痛、眠気、紅潮、目のかすみなどの副作用の報告あり。
重症化、又は長期にわたり異常が起こった場合は病院での診療をおすすめします。


利用者の声

  • 副作用でしょうか?かなり喉の渇きを感じました。食事を取るときはいつもより多くの水分を用意するようにしていました。

  • 人よりも汗っかきで、昔からすごく悩んでいました。ネットで色々調べるとプロバンサインに出会い、試しに注文してみたところ汗が抑えられ、自分の悩みが一つ減りました!

  • 緊張すると漫画みたいに多量の汗をかいていました。それが本当に恥ずかしてく、人前に立つことさえ嫌になっていたんです。そんな悩みを友人に打ち明けたらプロバンサインを紹介されました。今では緊張をしても多量の汗をかくことはありません。

  • 周囲の人が涼し気に歩いている中でもとにかくダラダラ汗をかく僕にとってプロバンサインはとても効果的でした。代謝がいいのかもしれませんが、ただ歩いているだけで一人だけ汗を流しているのもなんだか恥ずかしいですし、同じように汗っかきの人にはぜひ勧めたい薬です。

  • 気温はもちろん、緊張によっても汗をかいてしまう私は、常に着替え用の下着を持ち歩くほどでしたが、この薬を利用するようになってからは変わりました。今まで汗をかいていた場所でも書かなくなったので、感動しています。

  • 季節を問わず汗をかいてしまうのが悩みで、プロバンサインを買いました。飲むだけなのですが、今までよりも汗が抑えられてコンプレックスが一つ解消されました。他の制汗剤もあるようなので、今度はそっちも試してみたいと思います。

  • 汗っかきなんで、人に迷惑かけないようにプロバンサインを使い始めることにしました。今まで汗をかき始めたらずっと止まらなかったんですが、明らかに汗をかきづらくなって今では手放せない状況です。これで人にニオイも嗅がれずに済みそうですな。

  • 僕はかなりの汗っかきなんで、プロバンサインの汗抑制効果には助けられています。一日3回の服用を守っておかないと効果が弱くなるので、毎日の食生活や運動と併せて、多汗症改善のため飲み続けています。

  • 夏じゃなくても電車の中や人混みでは人一倍汗をかいてしまい、周囲の目を気にしていたので、少しでも効果があればと思ってプロバンサインを購入してみました。1日3回服用する、という部分さえ忘れなければ良い薬だと思います。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る