クレジットカード種類

決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

オイグルコン・ジェネリック(糖尿病)

オイグルコン・ジェネリック(糖尿病)

  • メーカー:Aventis Pharma
  • 発送国:シンガポール・インド
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:グリベンクラミド2.5mg

このお薬の人気ポイント

・患者数の多い2型糖尿病に対し有効

・効果持続時間が長いため服用は1日1回

商品詳細

オイグルコン・ジェネリックはAventis Pharma社が製造と販売を行っている、グリベンクラミドを主成分とした糖尿病治療薬です。

糖尿病は血糖値の値が上昇することによって発症する症状です。
食事などによって体内に糖が摂取されると、血液中の糖の量が上昇します。
その後、健康な状態であれば血糖値を低下させる作用を持つインスリンと、血糖値を上昇させる作用を持つグルカゴンと呼ばれるホルモンの働きにより、血糖値は一定の値を維持し続けます。

しかし、糖尿病を発症した場合インスリンとグルカゴンの分泌バランスが崩れる、もしくはインスリンの働きが弱まります。
その結果、食事によって上昇した血糖値はインスリンの働きが低下したことにより、常に高血糖と呼ばれる状態になります。

オイグルコン・ジェネリックの主成分であるグリベンクラミドが体内に吸収されると、インスリンの分泌が促進されます。
それにより、体内のインスリン分泌量が上昇し血糖値を低下させることができます。
そして、グリベンクラミドは非常に強力な作用のある医薬品のため、1日あたりの服用回数を少なくし、負担を減らすことができます。

オイグルコン・ジェネリックで治療を行うことができる糖尿病は2型と呼ばれる糖尿病です。
この2型は食生活の乱れや生活習慣の乱れ、ストレスなどの後天的な原因によって発症する糖尿病です。

こちらの糖尿病は中高年に患者が多いという特徴があり、症状が重症化する事によってインスリン注射などの方法でインスリン濃度を上昇させる必要が生まれてきます。
オイグルコン・ジェネリックはその状態になる前段階で症状を改善させることができるため症状が重症化してしまう前の服用を行うことで重症化を予防します。

オイグルコン・ジェネリック(糖尿病) 2.5mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
2.5mg × 100錠 ¥25 ¥2,500 ¥23 ¥2,250 67pt 売り切れ
2.5mg × 200錠 ¥25 ¥5,000 ¥21 ¥4,280 128pt 売り切れ
2.5mg × 300錠 ¥25 ¥7,500 ¥20 ¥6,080 182pt 売り切れ

オイグルコン・ジェネリック(糖尿病)2.5mg x 300錠

¥6,080

ポイント:182pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

カレラ(糖尿病の改善)

高血圧/糖尿病

カレラ(糖尿病の改善)

1箱¥1,980

糖尿病やメタボにお悩みの方へ

シュッダグッグル(高脂肪血症の改善)

高血圧/糖尿病

シュッダグッグル(高脂肪血症の改善)

1箱¥1,800

高コレステロール対策に有効


用法・用量

1日1回、1.25~2.5mgを朝食前に服用します。
服用の際にはコップ1杯分の飲料水、もしくは白湯を用いて服用します。
服用量は症状により変化するため、医師による判断を受けることを推奨します。

服用後、2時間で血中濃度が最も高まり、その後2.7時間ほどで効果が弱まる半減期に到達し完全に効果が切れるまで12時間から24時間の間、作用が継続します。

効果時間や効果の強さは体質や体型、症状の進行度合いによって変化します。
そのため、服用時には誰もが常に一定に効果が得られるわけではないという事を考慮した上で服用を行う必要があります。


注意点

オイグルコン・ジェネリックを服用する際、肺高血圧症の治療薬であるボセンタンなどと併用は厳禁となっています。
どちらの医薬品も肝臓で処理されるため、肝臓に非常に大きな負荷がかかり肝疾患を発症する可能性があります。

また妊娠中の方や妊娠の可能性がある方の服用も厳禁となっています。

重症ケトーシス、糖尿病性昏睡、重度の感染症若しくは外傷の治療を行っている、手術の前後であるという場合についても服用は厳禁となっています。

腎疾患を発症している際にオイグルコン・ジェネリックを服用した場合、血液中の血糖量が過剰低下してしまい、低血糖症を引き起こす可能性があります。
低血糖症を引き起こした場合、すみやかに血糖値を上昇させる必要があります。
そのため、オイグルコン・ジェネリックを服用する際にはブドウ糖や砂糖菓子などを携帯する事を推奨します。

温度や湿度が高い、直射日光の当たる場所を避け、できるだけ涼しい場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

オイグルコン・ジェネリックを服用した際に発症する副作用として、血液中の血糖値が低下する低血糖症、溶血性貧血などの血液障害、肝機能の低下や肝機能値の異常があります。
これらの症状の初期症状として、低血糖の場合は脱力やふるえ、寒気があります。
これらの症状が現れた際には、すみやかに糖分を補給し血糖値を上昇させる必要があります。

溶血性貧血などの血液障害の初期症状として、発熱や喉の痛み、だるさ、血豆や青あざなどの出血傾向、息切れなどの症状があります。
肝機能低下の初期症状として、だるさや食欲不振、吐き気、発熱や発疹といった症状があります。

いずれの症状も、放置することによって重症化し、命にかかわる症状を発症する危険性があります。
これらの症状が現れた際に、低血糖症の応急処置など、自分で行うことが出来る応急処置が可能であれば、その処置を行った上で、病院へ行き医師による診察を受けることを推奨します。


利用者の声

  • 糖尿病の症状緩和にオイグルコン・ジェネリックを使っています。毎日飲み続けていますが、多少血糖値が下がっているのを確認できました。

  • テレビで糖尿病による死亡リスクを知り、いてもたってもいられなく良い薬がないか探していたら、ここにつきました。オイグルコン・ジェネリックに関しては全然知らなかったんですが、血糖値がすぐ下がりだしたのでとても良い薬だと思います。

  • 血糖値が高く、かかりつけ医に気をつけなさいと言われたことでオイグルコン・ジェネリックを注文しました。これは、実際糖尿病治療にも使われている薬のジェネリックということで安心して使用できますし、手軽にネットで手に入るのが嬉しいです。今度健康診断なので、どれだけ数値が下がっているのか楽しみです。

  • 軽度の糖尿病であると医者から言われてから服用するようになったのがオイグルコン・ジェネリックです。血糖値を下げることができるこの薬と生活習慣の改善によって治療を行っています。

  • 血糖値が上がってきたので、生活習慣を見直そうと思ったのですが、怠惰な生活を改善するのは難しい。少しでも助けになればと思ってオイグルコン・ジェネリックを服用しています。食生活は実質あまり変わっていないのですが、血糖値は順調に下がっているので、オイグルコンさまさまです…。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る