クレジットカード種類

決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

ノルバスク(高血圧症)

ノルバスク(高血圧症)

  • メーカー:Pfizer
  • 発送国:シンガポール・インド
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:アムロジピンベシル酸塩5mg・10mg

このお薬の人気ポイント

・危険な病気である高血圧症、心筋梗塞に有効

・比較的安価なカルシウム拮抗薬

商品詳細

ノルバスク(高血圧症)はアメリカのニューヨークに本社を置くPfizer社が製造、販売を行っている医薬品です。
ノルバスクはアムロジピンベシル酸塩を主成分とした医薬品で、高血圧症や狭心症の治療に用いられます。

血管壁の細胞はカルシウムが入り込むことによって収縮するという特徴があります。
血管壁が収縮することにより、血管が細くなり、血液の流れが低下します。その結果、血圧が上昇します。
ノルバスクの主成分であるアムロジピンベシル酸塩は、カルシウムが血管壁に入り込むことを阻害する作用があります。
カルシウムが血管壁に入り込まなくなる事によって、血管は収縮せず拡張したままになって血圧が低下します。
このような働きがあるため、ノルバスクはカルシウム拮抗薬と呼ばれます。
このカルシウム拮抗薬は安価であることから、高血圧症治療の第一選択となっています。

狭心症は心筋に対して血液を供給している冠動脈が痙攣や硬化を起こすことにより、虚血を起こす事によって発症する症状です。
この症状を放置して心筋が壊死した場合、心筋梗塞と呼ばれる症状を発症することになります。

高血圧症はその名称の通り、血圧が非常に高い数値となる症状です。
高血圧症を発症した場合、血管に対して非常に強い負荷がかかるようになり、その結果血管が体内で破れ脳出血などの症状を発症するリスクが高まります。

ノルバスクはこれら2つの症状に対して効果があるため、1つで血管に関する症状を同時に改善し治療や予防する効果があります。

ノルバスク(高血圧症) 5mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
5mg × 30錠 ¥87 ¥2,600 ¥82 ¥2,470 74pt 売り切れ
5mg × 60錠 ¥87 ¥5,200 ¥78 ¥4,690 140pt 売り切れ
5mg × 90錠 ¥87 ¥7,800 ¥78 ¥7,040 211pt 売り切れ

ノルバスク(高血圧症) 10mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
10mg × 30錠 ¥127 ¥3,800 ¥120 ¥3,610 108pt 売り切れ
10mg × 60錠 ¥127 ¥7,600 ¥114 ¥6,860 205pt 売り切れ
10mg × 90錠 ¥127 ¥11,400 ¥114 ¥10,280 308pt 売り切れ

ノルバスク(高血圧症)10mg x 90錠

¥10,280

ポイント:308pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

グルコバイ・ジェネリック(糖尿病)

高血圧/糖尿病

グルコバイ・ジェネリック(糖尿病)

1箱¥2,250

血糖値の増加を抑える医薬品

シュッダグッグル(高脂肪血症の改善)

高血圧/糖尿病

シュッダグッグル(高脂肪血症の改善)

1箱¥1,800

高コレステロール対策に有効

Lカルニチン

ダイエット

Lカルニチン

1箱¥4,050

脂肪の燃焼を促進するサプリ


用法・用量

高血圧症の治療を行う際には、1日1回の経口で服用を行ないます。
その際、服用量は1回につきアムロジピンベシル酸塩2.5~5mgを服用します。
高血圧症の症状や効果が現れなかった場合は、1度の服用量を最大10mgとして服用量を増減することが可能となっています。その際は、医師への相談を行いましょう。

服用時には水もしくはぬるま湯をコップ1杯分使用します。

服用後、1時間ほどで血中のアムロジピンベシル酸塩濃度が最も高まります。
その後、ゆっくりと血中濃度は低下し続け、服用後4時間から7時間で効果が半減し、完全に効果がなくなるまで10時間から15時間ほど時間がかかります。

服用時の作用の強さや症状の改善具合、血液中の薬物濃度が高まる時間などは、服用者の体型や体質などによっても大きく変化します。
そのため、服用時には誰もが常に一定の効果が有るわけではないという事を念頭に置き服用する必要があります。


注意点

ノルバスクを服用する際、利尿剤や降圧剤と併用した場合は薬の相互作用により血圧の異常低下が発生する可能性があります。
そのため、これらの医薬品を併用する際には細心の注意を払う必要があります。

他にも抗生物質エリスロマイシン、クラリスロマイシン、抗真菌薬のイトラコナゾール、心臓病治療に用いられるジルチアゼムなどの医薬品とノルバスクを併用した場合、ノルバクスの作用が過剰に高まったり血中濃度が高まる可能性があるため、併用時は細心の注意を払う必要があります。

グレープフルーツの持つフラノクマリン酸は血液中のアムロジピンベシル酸塩濃度を上昇させる可能性があるため、ノルバクス服用の前後にフラノクマリン酸を含む飲食物の摂取はご遠慮ください。

ノルバクス服用の前後にアルコールを摂取した場合についても、副作用を高める可能性が発生します。
そのため、ノルバクス服用の前後にアルコールの摂取はご遠慮ください。

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

ノルバクス服用による副作用として、軽度なものに顔のほてりや紅潮、頭痛や動悸、目眩などがあります。
これらの症状はアムロジピンベシル酸塩の血管拡張作用により発生する副作用です。
そのため、ノルバクスの作用が切れることにより、症状も治まります。

重篤な副作用として劇症肝炎や重度の血液成分異常、心臓の伝達障害、横紋筋融解症といった症状があります。
これらの症状の初期症状として、それぞれ体の極端なだるさ、発熱、胸の苦しさ、手足のしびれといった症状があります。
これらの症状が現れた際には、速やかに病院で医師による診察を受けた後、適切な処置を行ってもらうことを推奨します。


利用者の声

  • まあ年のせいかもしれませんが疲れやすく成っている感じがします。身体のだるさや立ちくらみなどが増えた感じです。でも、心筋梗塞とかになりたくないので運動で体力もつけながら頑張っていきます。何か努力はしないと何も改善しない気がします・・・。

  • 病気をテーマにしたテレビ番組を見ていると、いてもたってもいられなくなってちょっと良い薬を使おうと思いました。この商品は高脂血症に良いとされているみたいなので、これで重たい病気をしないようしっかりカバーしていきたいと思います。

  • 会社で上司と部下との板挟み状態が続いてしました。ストレスを抱えてしまい、それが原因で高血圧になっていたんです。体力的にも辛くなり逃げるようにノルバスクを使ってみました。生活は全然変わっていないのに、体の状態は驚くほど変わってきています。まだまだ頑張ることが出来そうです。

  • あまりの高血圧に医者からこのままでは危ないと脅されたので、ビビッてノルバスクを購入しました。毎日欠かさず飲み続けることで、血圧は順調に下がってきたので一安心しています。とりあえず突然死の危険性は下がったので、薬と併用して運動療法も取り入れていこうと思います。

  • 高血圧症で得する事は無いので、血圧を下げてくれるノルバスクを買いました。用法用量に注意ですが、飲むと確かに血圧が低く保たれるようになりますね。体質に合うようなので次はまとめ買いします。

  • 生活習慣病や高血圧が気になっていたのでノルバスクを使い始めました。血圧を下げることでたくさんの生活習慣病の予防に役立っています。

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る