クレジットカード種類

決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

カデュエット(高血圧症)

カデュエット(高血圧症)

  • メーカー:Pfizer
  • 発送国:シンガポール・インド
  • カテゴリ:高血圧/糖尿病
  • 有効成分:アムロジピン5mg・10mg+アトルバスタチンカルシウム10mg・20mg

このお薬の人気ポイント

・悪玉コレステロールの生成を防いでくれる

・動脈硬化など血管に関する病気の改善にも

商品詳細

カデュエット(高血圧症)はアメリカのニューヨークに本社を置く製薬会社であるPfizer社が製造と販売を行っている医薬品です。
カデュエットには有効成分としてアムロジピンとアトルバスタチンカルシウムが配合されていて、血圧の低下と血中コレステロールを抑制する作用があります。

血管の細胞膜にはカルシウムチャネルと呼ばれるカルシウムイオンの通り道が存在しています。
そのチャネルを通り、カルシウムイオンが血管の細胞膜内に入り込むと、血管は収縮を起こし、血液の通りが悪くなります。その結果、血管内を通る血液の圧力は高まり、血圧が上昇します。

アムロジピンはカルシウムチャネルと結合し、カルシウムイオンが細胞膜内に入り込むのを阻害することによって、血管の収縮を抑制し血圧を低下させる作用があります。
さらに、血管を拡張させることによって血液が正常に流れるようになるため、狭心症などの血管が塞がることによって発生する症状を予防することもできます。

アトルバスタチンカルシウムはスタチン系のコレステロール低下薬で体内に吸収されることによって、肝臓でコレステロールが生成されるのを予防する作用があります。

コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種があり、悪玉コレステロールが体内で過剰に増加すると動脈硬化の原因となり、過剰に少なくなると脳出血の原因となってしまいます。
アトルバスタチンカルシウムは、この悪玉コレステロールの生成を防ぎ、体内の善玉コレステロールを増やすことにより、動脈硬化や脳出血を予防する作用があります。

カデュエットは血管拡張による血圧の低下とコレステロールの調節を同時に行うことができるため、血管に関する病を治療し、健康を維持する際には非常に役に立つ医薬品となっています。

カデュエット(高血圧症) 5mg+10mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
5mg+10mg × 30錠 ¥217 ¥6,500 ¥206 ¥6,180 185pt 売り切れ

カデュエット(高血圧症) 5mg+20mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
5mg+20mg × 30錠 ¥247 ¥7,400 ¥234 ¥7,030 210pt 売り切れ

カデュエット(高血圧症) 10mg+10mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
10mg+10mg × 30錠 ¥240 ¥7,200 ¥228 ¥6,840 205pt 売り切れ

カデュエット(高血圧症) 10mg+20mg

個数選択 定価 販売価格 ポイント 購入
1錠 1錠
10mg+20mg × 30錠 ¥283 ¥8,500 ¥269 ¥8,080 242pt 売り切れ

カデュエット(高血圧症)10mg+20mg x 30錠

¥8,080

ポイント:242pt

10,000円以上購入で送料無料

売り切れ

電話注文はこちら

関連ページ


同時に注文されている商品

オキシタード(生活習慣病の改善)

高血圧/糖尿病

オキシタード(生活習慣病の改善)

1箱¥1,800

酸化ストレスを改善するサプリ

トリファラ (消火と腸機能の改善)

高血圧/糖尿病

トリファラ (消火と腸機能の改善)

1箱¥1,800

消化器の改善効果を持つサプリ

アーユスリム(肥満解消)

ダイエット

アーユスリム(肥満解消)

1箱¥2,240

食欲を抑制し脂肪の燃焼を促進


用法・用量

1日1錠をコップ1杯分の水、又は白湯で服用します。
服用量については、症状や年齢などによって増減するため、服用に関して不安がある場合には、医師へ相談を行って服用することを推奨します。

服用後、アトルバスタチンカルシウムは約1時間で血液中の成分濃度が最も高まり、アムロジピンは6.3時間ほどで成分濃度が高まります。
その後、アトルバスタチンカルシウムは9.5時間から21.4時間で効果が半減し、アムロジピンは55.4時間から125時間で効果が半減します。

成分配合量や体質、体型や代謝などによって、薬の効果時間や効果が現れるまでの時間は変化するため、カデュエット服用時にはそれらのことを考慮しておく必要があります。


注意点

C型慢性肝炎治療薬テラプレビルやオムビタスビルなどとカデュエットを併用すると、血液内の薬物濃度が上昇し、重篤な副作用のリスクが高まるため併用は厳禁とされています。

高コレステロール血症治療薬であるベザフィブラートとの併用は横紋筋融解症を引き起こす可能性が高まるため、併用は厳禁です。

重度の肝疾患を発症している、もしくは妊娠期間中の服用は厳禁となっています。

また、様々な併用注意薬があるため、他に治療薬を使用している場合は、事前に医師へ服用についての相談を行うことを推奨します。

直射日光の当たらない湿度や温度の低い場所で保管して下さい。
また、小さなお子様の誤飲を避けるためお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
また、服用や使用に関しては全て自己責任となりココロ薬局では一切の責任を負いかねます。


副作用

カデュエットの副作用として、軽度のものに頭痛や紅潮、動悸や目眩、倦怠感などの症状があります。
これらの症状はカデュエットに含まれるアムロジピンやアトルバスタチンカルシウムの作用によって発生する副作用で、カデュエットの服用中断や継続して服用することで症状を沈静化することができます。

重度の副作用として、横紋筋融解症や重度の肝機能障害、重度の過敏症や血液成分異常、皮膚や粘膜の障害、心臓の伝導障害、間質性肺炎があります。
これらの症状の初期症状として、手足のしびれや痙攣、酷い倦怠感、発疹や蕁麻疹、発熱、水ぶくれや膿、空咳があります。
これらの症状が現れた際には、速やかに病院へ行き医師による診察を受け、適切な治療を行ってもらう必要があります。


利用者の声

  • 毎年、ぎりぎりで耐えていた健康診断についに引っかかってしまいました。LDLコレステロールの値が基準値以上でした・・・。今は大丈夫だけど年とるとあぶないよーみたいなことを御医者さんに言われたので、お薬に頼ることにしました。飲むとちょっとした頭痛や頻脈がありますが、それほど重たくはないですね。

  • 病院でコレステロールの数値を注意されたのがきっかけでした。腎臓病などの重い病気にならないためにも使っていこうと思います。副作用などは今のところ何も起きてないので、同じような境遇の方は試してみてもいいかもしれません。

  • 有名なファイザー製の薬なので、カデュエットの品質は大丈夫だと思います。高血圧症の改善に使わせてもらっています。問題なくこのまま使えるようなら、次回はもっとまとめ買いをする予定です。

  • 悪玉コレステロールに効き目があるということで、さっそく購入して使っています。高血圧気味だったのがカデュエットによって明らかに上がらなくなってきたのが手に取るようにわかるので、使ってみることをおすすめします。

  • コレステロール値が高く、医師から木とつけるように言われています。でもそんなに食事制限もしたくないのでカデュエットを取り入れるようにしました。今では、家族に心配されることもなく健康な毎日を送っています。

  • 高血圧だけど脂っこい食べ物をやめることができないどうしようもない僕に現れたのがカデュエットです。血圧を下げてくてるこの薬は素晴らしいです!

利用者の声を投稿する

投稿者名

満足度

口コミ

ページの一番上へ戻る