決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

貧乳とは

貧乳

バストサイズがコンプレックスになっている女性はかなり多いのではないでしょうか。胸が大きな女性が「巨乳」と呼ばれるように、胸の小さな女性は「貧乳」と呼ばれます。巨乳と貧乳においては特に明確な基準があるわけではないのですが、近年は女性の平均的なバストサイズが大きくなりつつあるので、小ぶりなバストに悩む方は余計にコンプレックスを感じやすくなっているかもしれません。

男女の好みは人それぞれとは言っても、一般的には胸が大きい女性の方が性的に魅力的であるとされていますので、貧乳であるがゆえに自分に自信が持てない女性も多くいます。胸の成長が止まってしまって久しい方は、バストアップについてあきらめてしまっているかもしれませんが、今からでもバストサイズのアップは可能なので、まずはバストの成長の仕組みについて詳しく知っておきましょう。

日本人とバストサイズ

巨乳

実は昔の日本では、バストサイズが小さい方が美しいという風潮がありました。普段着として着物を着ていたころは、着付けが乱れやすい巨乳が女性のコンプレックスになっていたのです。しかし、洋服を着る文化が定着してからは、胸の大きさは一種のステータスになりました。

今では巨乳は性的なアピールとして非常に有効で、性的嗜好として巨乳が好きな男性は多いです。このことから、女性の間で大きな胸にあこがれる人がどんどん増加しており、今では胸を大きく見せたいということから下着の中にパッドを入れる方も後を絶ちません。胸が小さいことがコンプレックスとなり、恋愛に積極的になれない女性も数多く存在しますので、バストサイズを大きくしたいと考えるのは当然のことでしょう。

バストサイズの成長

バストサイズ

胸の成長には女性ホルモンが大きく関係しており、特にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンがバストサイズにとって重要になってきます。エストロゲンは乳房の中にある乳腺を増殖させる働きがあります。乳腺は母乳を作る大切な部位なので、脂肪によって守られていますので、乳腺が増殖することで、乳腺を守る脂肪も一緒に増えます。

一般的に乳腺と脂肪の比率は1:9だといわれているので、乳腺が少しでも増えると、大きなバストアップ効果が期待できます。エストロゲンはバストサイズ以外にも、女性らしい丸みを帯びた体を作る作用や、肌を若々しく保つ効果もありますので、女性の魅力に大きく関係しているホルモンといえます。

成長ホルモンも重要

成長ホルモン

また、バストアップにおいては成長ホルモンも重要です。成長ホルモンとはその名のとおり体を成長させるためのホルモンで、13歳~17歳くらいの間に一番多く分泌されます。成長ホルモンは乳腺の中にあるラクトゲン受容体という器官と結びつくことによって、胸を大きくする効果を発揮します。

以上のように、バストアップにはエストロゲンと成長ホルモン、ラクトゲン受容体が非常に重要なのですが、これらが最も活発になるのは、初経が起こる1年前から数えて約4年間といわれています。この4年の間に子供の体から大人の体に変わっていくので、胸も猛烈なスピードで大きくなっていきます。

もしこの時期に睡眠不足や食生活の偏りなどによってホルモンの分泌が妨げられていたり、ラクトゲン受容体が不十分だった場合は、胸が十分な成長を遂げられないので、将来的にバストサイズで悩んでしまう可能性があります。 また、この時期に胸があまり成長しなかった原因として、ラクトゲン受容体が足りなかった可能性もあります。いくら成長ホルモンが出たとしても、ラクトゲン受容体が足りていなければバストサイズのアップにはつながりません。

ホルモンの分泌量やラクトゲン受容体の量は個人差が大きく、20代を過ぎてから生成が活発になる方もいますので、いつ胸が成長するかはわからないといえます。一般的には、年齢を重ねるとともに女性ホルモンの分泌量が減ってくるので、10代のころに一気に成長する方が多いのですが、中には30代頃からホルモンやラクトゲン受容体の生成が盛んになり、急激に胸が大きくなったという方もいます。

可能性は高くありませんが、今から胸が自然と成長する可能性もあるということを覚えておきましょう。

自分で大きくするには

大豆イソフラボン

年齢に関係なくバストが成長する可能性があるとは言っても、コンプレックスを抱えている人は今すぐにでも大きくしたいと思うはずです。そんな時は自分でホルモンを活性化させる方法を試してみましょう。まずはバストアップに欠かせないエストロゲンです。エストロゲンは卵巣で作られるので、卵巣の働きを高めるビタミンEを含む食品をとる事がオススメです。

具体的にはモロヘイヤ、アボカド、アーモンドなどを意識的に食事に取り入れるとよいでしょう。また、大豆に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きがあるので、バストサイズのアップにつながります。豆乳を飲むと巨乳になるというのもあながち間違いではないので、バストサイズをアップさせたい方は毎日飲んでみましょう。

そして、エストロゲンの分泌には素敵な恋をすることも重要です。恋をすることで鼓動が高まるとドーパミンが分泌され、幸せな気分で満たされるとセロトニンという物質も分泌されます。これらの脳内物質にはエストロゲンを増加させる効果がありますので、素敵な恋をすることは文字通り女性を美しくしてくれます。好きなアイドルやアーティストなどの写真を見てドキドキするだけでも効果がありますので、普段から異性にときめく心を大切にしましょう。

エストロゲン以外にも、バストサイズをアップさせるのは成長ホルモンの分泌を促進する方法もあります。成長ホルモンは筋トレや睡眠によって分泌を促進することができます。また、スッポンなどに含まれるアルギニンなどの栄養素も成長ホルモンの生成をサポートしてくれるので有効です。

ただ、成長ホルモンがいくら分泌されても、ラクトゲン受容体がなければ胸は成長しません。ラクトゲン受容体がどれくらいあるかを確認する方法はないので、成長ホルモンの分泌を促してから2~3カ月経過しても成長がない場合は、違う方法でのバストアップが求められます。

サプリの力を借りる

ブレストサクセス

ここまで様々なバストアップの方法を紹介してきましたが、食事によってバストアップをするにはある程度の時間がかかります。もっとも短期間で大きくしたいという方は、バストアップのサプリメントを利用してみましょう。

バストサイズをアップさせるサプリはたくさんありますが、選ぶ際は有効成分に注目しましょう。オススメはブレストサクセスなど、天然由来の有効成分の含んだサプリです。天然成分のものは副作用が少なく、安心して利用することができます。ブレストサクセスには大豆イソフラボンをはじめとした様々な有効成分が含まれており、エストロゲンに近い働きをしてくれます。服用してすぐに体の中でエストロゲンと同じ働きをしてくれますので、早い方なら1週間程度で効果を実感できるはずです。

ブレストサクセスにはクリームタイプの塗り薬もありますので、サプリと併用することでさらなるバストアップ効果を期待できます。胸に直接塗ることによって、より高いバストアップ効果を実感できるはずです。ブレストサクセスのクリームは、バストの成長だけではなく、肌の張りを整える効果も期待できますので、美しいバストを手に入れることができるでしょう。

大きく美しいバストを手に入れたい方はぜひ試してみてください。

ブレストサクセス

タイプ:内服薬

ブレストサクセス

バストの大きさや女性らしさを左右するのはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと言われています。ブレストサクセスはこのエストロゲンと似た働きをする薬草から出来ています。これらの成分がエストロゲン同様にバストの成長を促します。自宅で簡単に行える方法のため、誰にも知られずにバストアップをさせたい方におすすめです。

ブレストサクセスの詳細を見る

価格

90錠 ¥2,850  
180錠 ¥5,420  
270錠 ¥7,680  

ブレストサクセスクリーム

タイプ:外用薬

ブレストサクセスクリーム

こちらはブレストサクセスのクリーム版と言えます。大きな違いは名前の通りクリーム状であるため、バストに直接塗り込んで使用する点です。バストの成長だけではなく、更年期障害の症状を和らげる効果にも期待できます。ブレストサクセスと併用することで更に効果を実感できた、という報告もあります。

ブレストサクセスクリームの詳細を見る

価格

60ml×1個 ¥4,200  
60ml×2個 ¥7,980  
60ml×3個 ¥11,340  

ページの一番上へ戻る