決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

便秘について

便秘

便秘とは、正常な排便ができなくなり、便がたまってしまうことを指します。便秘の定義は提唱している団体によって異なるのですが、国際消化器病学会で提唱される「週三回未満の排便」というのがよく用いられます。ただ、これはあくまで目安で、便秘の診断においては排便困難や腹部膨満感などの症状が重視されます。つまり、一日一回排便できていたとしても、便が硬くて排便が困難な場合や、排便後に腹部膨満感などの症状がみられる場合は便秘の可能性があるといえます。

便秘は男性よりも女性に多く、それには科学的な根拠がいくつもあります。まず、女性は男性と比べて排便に必要な括約筋や腹筋の力が弱いということです。筋力不足による便秘は女性に多い症状といえますが、同じ理由で、男性でも高齢に伴う筋力低下によって便秘になる可能性が高まるといえます。

さらに、女性は男性に比べて骨盤が広く、そこに腸が下垂しやすいので、腸管の形がいびつになり、宿便が起きやすくなります。他にも、女性ホルモンには体内の水分を蓄えておこうとする働きがあるので、便の水分量が減少し、排便が困難になるということも便秘の原因の一つです。このため、生理の際や妊娠中には女性ホルモンの分泌量が多くなるので、便秘が起こりやすくなります。

以上のように、女性は男性よりも便秘になってしまう要因が多いので、常に気を付けておく必要があります。

便秘の症状

腹痛

便秘は排便が困難で苦しいものですが、腹痛や腹部膨満感以外にも様々な症状があります。腸内に便がたまっていると腸内に悪玉菌が増えたり、全身の血行が悪くなってしまいます。さらに、自律神経も乱れてしまうので、様々な症状に見舞われてしまいます。

便秘の症状の中でも、女性にとって深刻なのは肌荒れです。人間は有害物質を便として排出しますが、便秘の場合は有害物質の出口がふさがれている状態だといえます。この場合、有害物質は腸壁から吸収され、肌から排出されます。このせいでどんどん肌の調子が悪くなってしまうのです。ニキビなどの肌トラブルも増えてきますので、便秘はなるべく早期に改善しましょう。

他にも、便秘によって血行が悪くなることで、肩こりや腰痛、むくみが起こりやすくなります。こういった体の不調を抱える方はなるべく体を動かさないようにするので、筋力の低下から便秘がますます悪化してしまうことも考えられます。

最後に、便秘は時に命まで脅かすことがあります。便秘は大腸がんのリスクを高めてしまうことで有名です。そのほかにも、便秘による腸内環境の悪化は動脈硬化や糖尿病などの様々な生活習慣病の原因になりますので、早期に改善させる必要があります。便秘の症状が重症化すると、腸閉塞によってショック死してしまった例もありますので、たかが便秘だと思わずに危機感を持っておきましょう。

便秘の原因

便秘の原因には様々なものがあります。原因を正しく認識し、普段から気をつけておけば便秘になるのを避けることができます。

食物繊維の不足

野菜

食物繊維の不足は便秘の原因の中でも最も多いものです。日本人の食物繊維の摂取量は昔と比べて半分以下になっているといわれており、男女ともに食物繊維が足りていません。食物繊維は大腸の収縮運動を促進してくれますし、腸内の有害物質を吸着し、便と一緒に体外へ排出する働きも持っていますので、健康な排便には必要不可欠です。食物繊維を意識的に摂取することで、便秘が予防できます。

運動不足

ランニング

排便の際には腹筋や括約筋など、様々な筋肉を使います。運動不足によって全身の筋力が低下すると、腸の収縮運動の力も弱くなりますので、便秘になりやすくなります。老化によって筋力が衰えて便秘になることも多いので、普段から筋力を維持するための運動を行うことも便秘予防にとって有効になります。

ストレス

ストレス

過度なストレスも便秘の原因になります。ストレスは腸に命令を出す交感神経と副交感神経にも大きな影響を与えますので、ストレスを受け続けると腸の収縮運動が鈍ったり、逆に激しくなりすぎることがあります。収縮運動が鈍くなった際に便秘になるのはもちろん、激しくなりすぎた際は腸が痙攣を起こしてしまいますので、「痙攣性便秘」というものになってしまいます。便秘と下痢を繰り返している方は、痙攣性便秘の疑いが強いです。ストレスは便秘以外にも様々な症状を引き起こしますので、普段からストレスをためないようにしましょう。

偏った食生活

ラーメン

食物繊維不足で便秘になるということはすでに説明しましたが、偏った食生活によって腸内環境が悪化し、便秘になる方も非常に多いです。現代人の偏った食生活では肉やファストフードなどが中心になりがちです。こういったものに含まれている動物性脂肪や動物性タンパク質は、腸内の悪玉菌を増殖させてしまいます。悪玉菌が増殖すると腸内環境が乱れ、便秘はもちろん様々な病気の原因になってしまうのです。食物繊維をとることはもちろん、腸内の善玉菌を増やす発酵食品をとるように心がけましょう。

ダイエット

水分補給

ダイエット中の女性も便秘には気を付ける必要があります。ダイエットでは食事制限を行う方が多いのですが、食事の量が減るということは食べ物の中に含まれる水分を摂取する機会が少なくなるということでもあるので、水分不足による便秘になりがちです。ダイエット中には、いつも以上に水分をとることを意識してください。

便秘の薬

エックスラックス

便秘の解消には生活習慣を根本から見直す必要がありますので、時間がかかってしまいます。便秘は非常に苦しいですし、体内に便があってもいいことは何もないので、早期解決のために薬の力を借りるのがおすすめです。便秘改善薬の中でも、おすすめなのがエックスラックスです。

この薬の最大の特徴は、チョコレートタイプだという点です。見た目も味もチョコレートなので、服用が苦にならず、おやつ感覚で薬を飲むことができます。見た目もチョコレートなので、周囲に便秘であることを悟られることもありません。また、エックスラックスは下剤のように強制的な排便を促すものではなく、6~12時間かけて自然な便意をもたらしてくれます。使用感も優しいので、下剤に抵抗のある方でも安心してご利用いただけます。

食物繊維を摂取

トックスアウト

他にも便秘の薬として、食物繊維を摂取することで自然に便秘を改善してくれるものもあります。トックスアウトはドリンクタイプの薬で、コップ一杯分の中にレタス4個分の食物繊維が含まれています。一日に必要とされている食物繊維をこれ一つで摂取することができますので、便秘の改善や予防にピッタリです。

食物繊維には糖質や脂質の吸収を抑制してくれる効果もありますので、腸内環境を整え、様々な生活習慣病を予防してくれます。体にとって良いことがたくさんありますので、継続して服用するとよいでしょう。

便秘改善薬は腸内の宿便を排泄してくれる働きがありますので、ダイエット効果も期待できます。実は、健康な方で腸内には3~5キロほどの宿便があるといわれています。宿便があると栄養の吸収効率が下がることによって食事量が増えたり、代謝が下がってしまうなどの悪影響がありますので、便秘改善薬で宿便を出してしまうことで痩せやすい体を作ることができるようになります。便秘も解消しつつ、理想のボディを手に入れましょう。

ページの一番上へ戻る