決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

不眠について

眠い

睡眠は人間にとって必要不可欠です。人間が眠る理由というものは解明されていませんが、身体や脳を休ませることで生命活動や健康を維持し、ストレスの解消にも繋がっていると言われています。

他にも睡眠中は成長ホルモンが分泌されるため、子供はしっかりと睡眠を取ることが健全な成長に繋がります。成長期の際も睡眠を多く取ることが成長のポイントと言えます。

慢性的な睡眠不足は集中力や判断力の低下など、仕事や勉強に悪影響を与えストレスも徐々に溜まってしまうため、うつ病の原因となる場合もあります。

2つの睡眠について

寝落ち

睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠の二種類に分けられます。

ノンレム睡眠は身体だけではなく、脳も休んでいる状態です。人の眠りはノンレム睡眠とレム睡眠は一定周期で繰り返し、時間の経過に伴い眠りの浅いレム睡眠の割合が多くなり、目が覚めるというわけです。

この周期は約90分単位で繰り返されており、レム睡眠の時に起きると目覚めが良い状態と言われています。逆に寝起きに頭がぼんやりしてしまう時は眠りが深いノンレム睡眠から無理に覚醒した場合に起こりやすいと言われています。

つまり、就寝から4時間半後、6時間後、7時間半後、付近で起きることが気持ちの良い朝を迎えるコツの1つというわけです。

更に、心地よい目覚めのためには、朝日を浴びることも重要になってきます。人間を眠りに導くのはメラトニンという物質で、これはタイマーのような役割を持っています。朝日を浴びると、メラトニンの分泌が抑制され、快く目覚めることができます。これは体内のタイマーがリセットされた状態で、このリセットの作業は1日を気持ちよく始めるには必要不可欠です。

そして、メラトニンはリセットがかかってから15~17時間後に分泌が始まるようになるので、朝日を浴びて目覚めた方は、夜になると自然に眠気が訪れるようになっています。メラトニンをリセットすることで、快適な目覚めにも快適な眠りにも繋がりますので、必ず朝日を浴びる習慣をつけましょう。朝日を直接浴びなくても、室内に光を取り入れるだけでも効果がありますので、朝目が覚めたらすぐにカーテンを開ける習慣をつけることをお勧めします。

不眠症について

不眠不休

日本人の5人に1人が睡眠に対して何らかの問題を感じていると言われています。

不眠症は単純に睡眠時間が短いというものではなく、睡眠障害が原因で日常生活に支障をきたす場合に不眠症と診断されます。具体的な症状としては食欲不振や倦怠感、集中力の低下、注意力散漫、軽度のうつ症状などがあり、睡眠時間を10時間とっていても症状が現れる方もいます。逆に睡眠時間が短くとも日常生活に支障をきたしていない、という方もいるため個人差の大きい病気です。

不眠症は症状に合わせ4種類に分類されます。

入眠障害…寝具に入ってもすぐに寝付くことができない。眠るまでに1時間以上かかることが多い症状で、一般的な不眠症のイメージに近い症状と言えます。実は、日本人が寝付くまでに必要な平均時間は10分程度というデータがあり、1時間以上かかる人はごくわずかしかいません。たまたま眠れないというのは誰にでもありますが、寝付くまでに1時間以上かかる日々が何日も続く場合は入眠障害の可能性を疑った方が良いでしょう。

中途覚醒…夜中に何度も目が覚めてしまう症状で高齢者の方に多く見られる症状です。これは浅い眠りであるレム睡眠の時に目が覚めてしまうというものです。健康な人間でも加齢とともに眠りが浅くなっていきますので、必然的に高齢の方ほど中途覚醒の症状は現れやすくなります。また、夜遅くの食事や寝酒などは眠りを浅くしてしまうので、中途覚醒の原因になります。体がしっかり睡眠できる体制を整えてあげることが重要です。

早朝覚醒…予定よりも早く起床し、その後、眠れない症状です。予定している時間より1~2時間ほど早く覚醒し、その後熟睡できなければ早朝覚醒の疑いが強いです。早朝覚醒は中途覚醒と同じく加齢による睡眠時間の減少によるものが多く、症状の強さに個人差があるものの、高齢者においては必ず訪れる症状といえます。また、早朝覚醒はうつ病とも深い関係がありますので、うつ病の緩和とともに症状が快方に向かう可能性があります。

熟眠障害…睡眠時間は十分に取れているが疲労が取れないなど、睡眠の質に問題があると考えられる症状です。熟眠障害に関しては、深い睡眠であるノンレム睡眠が不十分で、脳が休息できていないことが原因です。 睡眠時間は十分に取れているので、睡眠薬でも改善できません。睡眠の質を高める必要がありますので、生活習慣を見直したり、サプリメントなどを利用してみましょう。

重度の不眠症になるとこれらの症状が複数現れることもあります。

また、症状が現れていても、それを病気ととらえていない方も非常に多いです。日本で不眠症として病院に行っている方は非常に多いのですが、自分が不眠症だと思っていない「隠れ不眠症」の方も相当な数が存在すると考えられます。上記の症状に少しでも心当たりがある場合は、生活習慣を見直したり、薬を利用したりして睡眠の質を高める努力をしてみましょう。

不眠症の原因について

睡眠障害を引き起こす原因は様々です。その中でも原因として多いものを5つ紹介します。

心理的原因…人間関係や仕事のトラブル、家族・友人との死別などのストレスが原因です。きっかけとなった出来事を特定することが改善の第一歩となります。

身体的原因…花粉症などアレルギーによるくしゃみや鼻水、皮膚の疾患による痒み、怪我による痛み、などが原因です。病気や怪我を治療することが改善に繋がります。

精神医学的原因…うつ病による不安感や憂うつな気分が原因。専門の医師へ相談し心の病を治療することが改善に繋がります。

薬学的要因…睡眠の妨げとなる、コーヒーやタバコ、医薬品などを就寝前に摂取することが原因です。お酒も不眠症の原因となるため、注意が必要です。

生理学的原因…仕事による生活リズムの逆転や海外渡航による時差ボケなどが原因です。寝る前の環境を夜に近づけ、起床時に蛍光灯の光をコントロールすることで睡眠を取りやすい環境を整えましょう。

不眠症は、これらの原因が複雑に絡み合って発症していることが多いです。そして、不眠症によって睡眠時間が短くなると体力が低下し、集中力もなくなってしまいますので、仕事のミスなども増えます。それによってストレスがさらに増え、不眠症の症状がどんどん悪化していくことも考えられます。

これらの原因に心当たりがある方は、まずは睡眠薬の力を借りて睡眠時間を確保しつつ、一つ一つの原因に対処してくことが必要です。心療内科や、睡眠外来などの力も借りるのも有効です。

メラトニン

『不眠症や時差ボケ』に有効

メラトニン

メラトニンとは睡眠ホルモンと呼ばれ、体内時計を調整する効果を持っています。生活習慣の乱れや仕事による昼夜逆転などにより、不眠症になってしまった場合に効果を発揮します。眠りを誘発するメラトニンが分泌されることで自然な眠りを促し、寝付きを良くする効果に期待が持てます。他にも時差ボケ解消効果もあるため。旅行や出張の際に使われることもあります。

メラトニンの詳細を見る

価格

3mg×100錠 ¥5,400  
3mg×200錠 ¥15,390  
3mg×300錠 ¥34,020  

タガラ

『軽度の不眠症』に有効

タガラ

タガラはサプリメントのため、睡眠薬のような速効性はありませんが心身ともにリラックスさせ、自然な睡眠を促す効果があります。不眠症というほどではないが睡眠に対して不安や不満がある方におすすめです。不眠症で無い方も翌日のすっきり感や疲労が残りにくいということから多くの方が服用されています。

タガラの詳細を見る

価格

60錠 ¥1,800  
180錠 ¥4,860  
300錠 ¥7,200  

例えば早朝覚醒の方が長短時間作用型の睡眠薬を服用しても、効果が朝まで持続しないので、結局は早朝に目が覚めてしまいます。また、入眠障害の方が長時間作用型の睡眠薬を利用しても、睡眠薬の効果が現れるまでに時間がかかるので、結局スムーズに寝付くことはできません。それどころか、翌日まで眠気を引きずってしまう「持ち越し効果」に悩まされることになる可能性もあります。

翌日まで眠気を持ち越してしまっている場合は、車の運転などの際に危険が伴いますので、行動が著しく制限されてしまいます。そうならないためにも、自分が眠れない時間にピンポイントで作用してくれる利用することが必要です。

睡眠薬は不眠症を治療するものではありませんが、不眠症の方が確実に睡眠時間を確保するためには非常に効果的な手段です。不眠症そのものを治療するには時間がかかりますので、治療の前に睡眠薬の力で体を休める時間を取りましょう。

ページの一番上へ戻る