決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

  • HOME >
  • バイアグラについて >

ED治療薬であるバイアグラのことをもっと知りたい

バイアグラ

バイアグラは、1998年にアメリカのファイザー社で誕生した世界初のED治療薬です。

バイアグラには血管を拡張する作用や勃起を阻害する酵素の働きを抑制する作用があり、勃起障害の症状を緩和します。今まで勃起障害を治療する薬などはなかったので、バイアグラが誕生した当時は日本だけではなく、世界中で話題となりました。発売当時、日本でも医師の処方なしに個人輸入で購入する人が増えましたが、それと同時に健康被害も増加しました。こうしたことから、日本では急速に認可の承認作業が行われ、バイアグラが誕生した翌年の1999年に日本でも販売されるようになりました。

世界で初めて発売されたED治療薬

ED治療薬の中でも最も知名度が高いのはバイアグラです。

現在ではシアリスやレビトラ、各ED治療薬のジェネリック医薬品など多くのED治療薬が販売されています。しかし、バイアグラは世界で初めて発売されたED治療薬ということで、発売から年月が経過しているものの最も人気があります。

偶然から開発された薬

「バイアグラ=ED(勃起障害)治療薬」と当然のように思っている方が大半ですが、実は偶然から開発された薬なのです。

というのも、バイアグラというのは、元々は違う目的での研究が行われていました。しかし、ある偶然によってバイアイグラが誕生しました。

狭心症の治療薬からED治療薬に

バイアグラの主成分となっているのは「シルデナフィル」です。この成分には血管を拡張する作用があり、狭心症への効果が見込まれていました。

狭心症の治療薬発売のために臨床試験が行われていたのですが、狭心症に対する高い効果は現れませんでした。そのため、開発は中止され、臨床試験も中止されることとなりました。

その際、被験者たちに薬の返却を求めると、返却を拒否する被験者が続出しました。薬の返却を拒否した被験者たちに事情を聞くと「勃起障害が解消された」ということでした。

そこから狭心症の治療薬開発ではなく、勃起障害治療薬の研究に切り替えられ、ED治療薬が製品化されるようになったのです。

関連記事

ページの一番上へ戻る