決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

バイアグラはどこで入手できる?

買う

バイアグラというのは医師の処方が必要な医薬品です。しかし、海外で販売されているバイアグラを個人輸入することも可能です。

よって、バイアグラの入手方法というのは「病院」と「個人輸入」という2つの方法があります。

ここでは、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

病院

病院でバイアグラを処方してもらう場合、泌尿器科、内科などの診療科を受診することとなります。ただ、都市部にはED治療を専門にしているクリニックもあります。

病院を利用するメリットとして、

・ほしいときにすぐ手に入る

・確実に正規品

・医師と相談できる

ということが挙げられます。

とくにED治療を専門に行っているクリニックであれば、診察時間も5~10分程度、プライバシーに配慮していますので利用しやすいです。また、国内の医療機関で取り扱われているバイアグラには偽造品がありませんので安心して服用できます。

さらに、服用中の薬がある方や服用に不安を感じている方でも、医師と相談をした上でバイアグラの服用ができます。

しかし、病院を利用するデメリットもあります。

そのデメリットとは、

・高い

・面倒

・恥ずかしい

ということです。

価格ですが、バイアグラは50㎎で1錠1,500円程度です。また、診察料も必要となり、1,500~2,000円くらい加算されます。診察料が不要のクリニックもありますが、こうした場合にはバイアグラ1錠あたりの金額が高くなります。

個人輸入

個人輸入とは、海外の商品を個人的に輸入するということです。また、個人輸入代行サイトを利用することで、輸入に必要な手続きは業者が全て代わりに行なってくれます。

個人輸入を利用するメリットとして、

・安い

・こっそり購入できる

・時間も手間も省ける

ということが挙げられます。

個人輸入を利用することで、病院へ行かずにバイアグラを手に入れることができます。そのため、診察料や交通費などは必要ありません。さらに、海外の医薬品を個人的に直接手に入れることとなりますので、価格が安いです。販売している個人輸入代行サイトによっても金額は異なりますが、バイアグラ50㎎で1錠あたり1,200円前後です。まとめ買いをすると、さらに割安になる場合もあります。

また、個人輸入代行はスマホやパソコンから24時間商品を閲覧・注文することができます。よって、病院へ行く時間がない・行けない事情があるという場合でもバイアグラを自宅で受け取れます。

個人輸入代行を利用するデメリットには、

・すぐに手に入らない

・偽造品の可能性がある

ということです。通販と同じく、ほしいと思った瞬間に手に入れることができません。また、海外からの発送となりますので、1週間~2週間ほど時間がかかります。

バイアグラなどの需要が高い医薬品は、偽造品が多いです。よって、個人輸入代行でバイアグラを購入するという場合には、正規品を取り扱っているか、信頼できるか確認するようにしましょう。

関連記事

ページの一番上へ戻る