決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

バイアグラの驚きの効果とメカニズムについて

バイアグラの効果を強調する医師

EDはerectile dysfunctionの略で、日本語に訳すと勃起障害や勃起不全のことです。

具体的にどのような状態を指すのかというと、勃起が不十分であることが原因で性行為を満足にできないことです。

通常、視覚や触覚から性的刺激を受けることで、脳から勃起するように信号がペニスへ送られます。信号が送られたペニスは筋肉が弛緩し、血管も拡張します。そうすることで、一気に血液がペニスへ流れ込みます。

ペニスの内部にある海綿体はスポンジのようになっていますので、大量に送られてきた血液を吸収し、膨張・硬化します。

正常の勃起は上記の流れとなっています。しかし、ペニスへ送られてくる血液量が少ない、脳の信号が正常に送れていないなどの条件が揃わなければ、ED(勃起不全)を引き起こします。

EDの原因3タイプ

EDを引き起こす原因というのは、人それぞれ異なりますが、大きく3つのタイプに分けることができます。

身体的なことが原因となっている場合には器質性ED、精神的なことが原因となっている場合には心因性ED、特定の薬剤が影響している場合には薬剤性EDに分類されます。

器質性ED

器質性EDを指摘する医者

器質性EDは、身体に問題があることによってEDを引き起こしています。加齢が大きく影響していますので、50代以降の男性に多く現れる原因となっています。

また、器質性EDは、血管系と神経系の2つに分けられます。

血管系では、血管が細くなっていて血液が流れにくくなっていることがEDの要因となっています。また、血液がドロドロとなっている場合にも血液がペニスへ流れ込みにくくなっていますのでEDを引き起こします。

神経系では、神経が損傷していることによって脳の信号を伝えることができずに勃起が妨げられます。事故によって神経を損傷することもありますが、糖尿病などでも神経を損傷することがあります。

心因性ED

心因性EDの患者

心因性EDは、心理的な部分に問題があることによってEDを引き起こしています。人によって悩みや環境、物事の捉え方というのは異なりますので、非常に要因は複雑です。また、心理的なことが要因となっていますので、20~30代などの男性に多く見られます。

心因性EDを引き起こす要因は人それぞれです。例えば、過去のセックスが上手くできなかった、女性になじられた、自分のペニスにコンプレックスを持っている…こうしたことが大きな要因となっています。

こうした過去のトラウマから、また失敗したらどうしよう…という焦りや不安が生じ、心因性EDを生み出します。

薬剤性ED

他の薬剤の影響

薬剤性EDは、病気治療で服用している薬が原因となっているEDです。つまり、服用している薬の副作用によって引き起こされているということです。

とくに、抗うつ剤や向精神薬、降圧剤は勃起作用に影響を与える可能性があります。抗うつ剤や向精神薬などは中枢神経に作用し、降圧剤や血管各錠剤は循環器に作用します。現在服用中の薬があり、同時にEDの悩みを感じている場合には薬剤性EDの可能性が高いです。

バイアグラはEDに対して具体的にどのような改善効果を発揮するのか?

バイアグラ錠剤

バイアグラは医療機関でED治療薬として処方されており、ED治療薬として世界で初めて誕生したということから数あるED治療薬の中でも知名度が高いです。

バイアグラは、服用するだけでED(勃起障害)の症状を解消することができます。

そもそも、バイアグラがEDに効果的と言われていますが、バイアグラというのは商品名です。そのため、直接EDに効果がある成分は違う名称となります。

シルデナフィル

シルデナフィルの効果を解説

バイアグラの主な有効成分は「シルデナフィル」と呼ばれる成分です。

しかし、シルデナフィルはどのようなメカニズムでEDを解消するのか?ここでは、バイアグラが作用するメカニズムについて詳しく紹介します。

シルデナフィルは、主に血管と酵素に働きかけます。

まず、血管への作用について紹介します。

シルデナフィルには、血管を拡張させて全身の血流量を増やして血流をスムーズにする働きがあります。EDの場合には性的興奮を感じていても血液が十分にペニスへ流れ込まず、勃起しません。しかし、バイアグラを服用することによって、ペニスへ流れ込む血液量を増やして勃起力を高めます。

酵素への作用

酵素の効果を解説

次に、酵素への作用について紹介します。

シルデナフィルには体内に存在している酵素にも作用します。ホスホジエステラーゼ5という酵素は、勃起を抑制する作用があります。普段ホスホジエステラーゼ5という酵素が働いていることによって通常時の勃起を抑制しています。

しかし、性的興奮を感じることによって、勃起を促す環状グアノシン一リン酸が大量に分泌され、ホスホジエステラーゼ5が分解されます。そして、勃起という現象が起こります。

EDの場合には、性的興奮があっても勃起を抑制する酵素のホスホジエステラーゼ5の働きが過剰に分泌されている状態となります。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには、血流を良くする作用とホスホジエステラーゼ5の分泌を抑制・分解する働きがあります。

つまり、バイアグラは直接的に陰茎部分へ作用しているわけではありませんが、勃起しやすい状態へ導き、勃起障害を改善するということです。

実際にバイアグラを利用している人の声を集めてみました。

バイアグラを試したことがないものの、ED治療には有効ということは知っているという方はたくさんいるでしょう。

ただ、自分がEDで悩んでいるという場合でも「本当に効果があるのか」「副作用が心配」ということからなかなか試すことができない方も居るでしょう。

そういう場合には、実際に利用されている人の意見を聞くことで不安を解消できます。ここでは、実際にバイアグラを使用されている・したことのある男性の声をご紹介しますので、参考にしてみると良いでしょう。

40代 Sさん(会社員)

40代 Sさん(会社員)

40代に突入するまでは、全く勃起力に問題はありませんでした。しかし、40代になると徐々に中折したり、勃起するまでに時間がかかることが増えました。以前からバイアグラの存在を知っていたので、一度ネットで色々と調べてみて、近くの病院へ行ってみることにしました。色々と恥ずかしいことを聞かれたり、見せたりするのかな?と思っていたのですが、意外と診察はすぐ終わりましたし、触られるようなこともありませんでした。(笑)

バイアグラは副作用が出ることもあると聞いていたので少し不安でしたが、少しほてる感じがあるだけでとくに強い症状は出ませんでした。そして、気になる効果ですが…すごいです。初めて試したときは感動したほどです。

今では、バイアグラなしでいけそうなときでも半分に分割して飲んで挑んでいます。

50代 Mさん(自営業)

50代 Mさん(自営業)

昔からセックスに強いタイプではありませんでしたが、歳を重ねる毎にEDの症状が強くなりました。とくにセックスをする機会も少ないのでいいかな…と放置していましたが、チャンスがあったときに勃たず、すごく後悔しました。

その後、バイアグラを買うことを決意しました。病院でしか買えないと思っていたのですが、通販でも買えると知ったので、ネットからバイアグラを購入しました。

こういった薬は初めて使用するので色々と心配でしたが、結果すごく助かっています。

最初バイアグラを飲んだときは動悸や頭痛などがありましたが、我慢できないほどではありませんでした。むしろ、「効いている!」という感じだったので、全然副作用は問題なかったです。

20代 Tさん(会社員)

20代 Tさん(会社員)

正直、自分がEDと知ったときは「まさか」と思いました。EDは40代以降になるものと思っていたので、凄くショックでした。でも、ネットで調べていると意外と自分と同年代の人もEDで悩んでいると知って少しホッとしました…。

病院へ行くのは恥ずかしすぎるプラス経済的に厳しいということで、個人輸入代行で買うことにしました。自分は、安くて口コミでも評価の良いバイアグラのジェネリックを選びました。本家を知りませんが、本当に効果に驚いています。もちろん、飲んでメキメキでかくなるということはありませんが、確実に勃起してくれます。今まで勃起できるかわからなかったのでセックスとか風俗から遠ざかっていたのですが、バイアグラのおかげでかなり自信がつきました。

関連記事

ページの一番上へ戻る