決済は銀行振込、各種クレジットカードに対応

副作用を和らげる方法

バイアグラの副作用を和らげる方法を説明する医者

バイアグラは効果が現れやすい特徴がありますが、その半面、副作用も現れやすいです。ただし、副作用を軽減する方法があります。ここでは、バイアグラ使用者が多く感じている頭痛を和らげる方法とその他の副作用を抑える方法を紹介いたします。

バイアグラのように高い効果のある医薬品は、効果がある分副作用も強く現れる傾向があります。

バイアグラには血管を拡張する作用があり、血流が良くなることで体に様々な作用が起こります。主な副作用は、頭痛やほてり、目の充血などが挙げられます。この他にも様々な症状が起こる可能性はありますが、頭痛、ほてり、目の充血はバイアグラを服用した約9割の方に起こる症状と言われています。

副作用が現れる現れない、症状の重さなどには個人差がありますが、基本的に我慢できないほど辛い、ずっと症状が続くといったことはほとんどありません。副作用の症状が続くのは薬の効果がある間だけです。人によって副作用は殆ど感じない・気にならない程度ということもありますので、あまり心配しすぎないようにしましょう。

頭痛を軽減させる方法

副作用で頭痛している男

バイアグラを服用した多くの方が副作用の「頭痛」を感じています。気にならない程度であれば問題ありませんが、頭痛が気になって性行為ができない場合には、市販の頭痛薬を服用すると良いでしょう。

また、頭痛は結構が促進されることによって起こる症状です。そのため、血管の拡張を抑制するように頭を冷やすと頭痛が緩和されます。

薬の量を減らす

バイアグラの錠剤

副作用が強いということは、それだけ効果も高いということです。よって、副作用を強く感じている場合にはバイアグラの服用量を減らすということも一つの方法です。人によって体質や体格が違いますので適用量には個人差があります。とくに日本人は比較的体が小さいので少量でも十分な効果が得られます。

ただ、いつも服用しているのは1錠だけという場合、服用量を減らすにも減らせない…と思っている方もいるでしょう。そうした場合、1錠をピルカッターで分割すると良いでしょう。50㎎のバイアグラであれば半分に分割すると25㎎の有効成分となります。半分でちょうどよい場合には2回分使用できることとなるのでコストパフォーマンスも上がります。

副作用が辛いときには…

相談に応える医者

バイアグラの副作用はさほど強いものではありませんが、副作用の症状が3時間以上続いている場合には医師に相談するようにしましょう。

また、バイアグラの服用量を減らしても副作用が現れるという場合には体に合っていない可能性が高いので、レビトラシアリスを試してみても良いでしょう。

バイアグラの副作用

頭痛の男

バイアグラはEDを克服してくれる画期的な薬ですが、ED治療薬の中で副作用が起こりやすいです。安心して服用するためにも、併用禁忌薬や服用できないタイプの人を知っておきましょう。

バイアグラを飲めば、勃起しなくなってしまったペニスも再び硬さを取り戻します。

バイアグラというと中高年男性が服用するイメージが強いですが、現在では20代男性でも服用している方が居ます。

また、現在はお世話になっていないとしてもいずれお世話になる可能性が高いです。

バイアグラは服用するだけで勃起をサポートしてくれます。もちろん、バイアグラを安心安全に服用するためには用法用量を守ることが前提です。

用法用量を守っていても副作用の可能性

薬を服用する男

ただ、バイアグラに限らず効果が高い薬というのは副作用のリスクも高く、用法用量を守っていても副作用を起こすことがあります。バイアグラにも当然副作用のリスクがあり、場合によっては重度の症状が現れてしまうことも…。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルという成分には、血管を拡張する作用があります。

血管が拡張されることで、スムーズにペニスへ血液が流れ込み勃起しやすい状態にします。

しかし、血流がよくなることで副作用を起こす可能性があります。

どんな症状があるのか?というと、「頭痛」「ほてり」「目の充血」「鼻づまり」「動悸」などです。ただ、これらの症状はバイアグラの効果が薄れるとともに消えていきます。なので、4~6時間程度我慢すれば元通りになるというわけです。

バイアグラの併用禁忌薬

頭痛の男

日頃から服用している薬があるという方は注意が必要です。

服用中の薬がバイアグラとの相性が悪ければ、服用は出来ません。例えば、硝酸剤、塩酸アミオダロン製剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症治療薬のいずれか服用している場合には副作用が強く出てしまうので服用を避けましょう。

バイアグラを飲めない人

服用できない方を指摘する医者

バイアグラは多くの方に服用されている薬ですが、服用できない方も居ます。

例えば、上記に挙げた併用禁忌薬を服用している方、半年以内に脳梗塞や心筋梗塞などを起こした方、心血管系障害がある方…。こうした方たちは、副作用を強める恐れがあるのでバイアグラの服用は出来ません。死亡事故に繋がる可能性もあるので、しっかりと確認した上で服用しましょう。

ED治療を諦めないで!

ED治療を諦めないことを強調する医者

服用している薬がある、持病があるなどの理由でバイアグラを服用できない方は、このままEDと付き合っていかなければいけないのか…?

もちろん、服用してはいけないという項目に当てはまっている場合には服用NGですが、バイアグラ以外の薬であれば服用できる場合もありますし、他の治療方法もあります。

そのため、バイアグラが飲めないとしても治療を諦めてはいけません!

バイアグラ

有効成分名:シルデナフィルクエン酸塩

バイアグラ

世界で最も有名なED治療薬。加齢や精神的なED(勃起不全)に対して効果を発揮し力強い勃起や勃起時間の持続を促します。一度の服用で4時間程効果が続きます。欧米と比べ体の小さな日本人は100mgを半分にして服用しても効果が期待できます。

バイアグラの詳細を見る

価格

50mg×4錠 ¥5,400 100mg×4錠 ¥5,800
50mg×12錠 ¥15,390 100mg×12錠 ¥16,530
50mg×28錠 ¥34,020 100mg×28錠 ¥36,540

カマグラ

有効成分名:シルデナフィルクエン酸塩

カマグラ

あのバイアグラのジェネリック医薬品でバイアグラ同様に高い勃起効果を発揮します。行為中の中折れ防止効果もあり、バイアグラと比べ1錠あたりの価格も安いことから高い人気があります。バイアグラジェネリックの中で最も人気があります。

カマグラの詳細を見る

価格

50mg×4錠 ¥1,840 100mg×4錠 ¥1,840
50mg×12錠 ¥8,280 100mg×12錠 ¥8,280
50mg×28錠 ¥14,720 100mg×28錠 ¥14,720

関連記事

ページの一番上へ戻る